恥ずかしがらずに自分の条件を伝える


恥ずかしがらずに自分の条件を伝える
貴方が不動産屋の担当者に希望の条件を伝えることで、その条件に近い物件を探してくれることでしょう。
恥ずかしがって条件を広めてしまうと的確な物件探しをしてもらうことが出来ないのです。

「面倒くさいから適当に条件を決めておいて不動産屋に相談をすればいいや」と考えている人が実際に多くいらっしゃいます。
しかし条件の伝え方によってその後の物件選びに大きく影響が出てくることを覚えておいてください。
多くの不動産屋では、利用者と担当スタッフマンツーマンで相談をしながら物件を探していきます。
この時に条件を伝えることになりますが、この最初に話す条件の伝え方が最も重要なことになるのでご注意ください。 どんなに良い賃貸物件が見つかったとしても、周囲の環境が悪いようでは意味がありません。
治安の確認は現地調査で夜に出向いて、駅やバス停などから実際に歩いて確認をするようにしてください。




恥ずかしがらずに自分の条件を伝えるブログ:171015

シェイプアップというのは非常にシンプルです。
「食生活を適切なものにして、適度なトレーニングをする」ことです。

しかし「言うは易し、行うは難し」で、
なかなか実行するのは難しいんですよね!

友人からお誘いがあれば、飲み会に付き合うことも必要ですし、
何かスケジュールが入れば、日々のトレーニングも難しい…

別に、シェイプアップ中だからといっても、
日々ストイックな生活が必要だというわけではありません。
時には息抜きも必要でしょうし、
シェイプアップ第一の生活なんて、味気ないもんです!

しかし、
シェイプアップにとって良くないことをすれば反省も必要です。

そこでおいらは、
「日記」をつけるようにしています。

日記には、自分がその日何を食べ、
トレーニングしたなら、
どのようなトレーニングをしたかということを書き留めています。

すると、ふとした時に日記を振りかえることができます。
「ああ、この日おいらはこんなに食べてたんだ」
「ちょっと今週はトレーニングしていないなぁ、来週はトレーニングをしよう」

このように日記をつけることで、
未来への改善点や注意しなければならないことが見えてきます。

必ず日々書き留める必要はありません。
気がついたとき、暇を見つけて
メモしておくことでも十分効果はあるはずですよ!

「日々やらなければならない」
という意識が強すぎると、長続きしなくなることがあります。
これは、日記にしてもシェイプアップにしても同じことです。

あまりにこういった意識が強くなってしまうと、
一度スルーしてしまったときに、ものすごく自己嫌悪に陥ります。
むしろ、長期間続けることこそが
シェイプアップにとっては大事なことなんですよね。

恥ずかしがらずに自分の条件を伝える

恥ずかしがらずに自分の条件を伝える

★メニュー

安心感の強い大手不動産
恥ずかしがらずに自分の条件を伝える
賃貸では敷金について理解しておく必要がある
賃貸契約は一般的に二年間で更新
フランチャイズの不動産屋の特徴
思わぬ掘り出し賃貸物件が見つかる不動産屋
家賃の上限は決めていますか?
現地まで出向いて方角チェック
家賃の一ヶ月分が相場の礼金
実際に住んだら携帯電話圏外という事例も


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)新生活は優良賃貸から始めよう