新生活は優良賃貸から始めよう

賃貸情報サイト「新生活は優良賃貸から始めよう」

「新生活は優良賃貸から始めよう」では様々な賃貸についての情報を配信しています。
まずは当サイトサイドメニューをご熟読ください。今から賃貸物件を探そうと考えている人はまず最初に貴方が住もうとしているエリアの不動産屋を回ってみましょう。
インターネットや雑誌などで情報公開をしていないような素敵な賃貸物件に巡り合うこともあります。人生の中で引越しというのは一大イベントの一つなのですから、賃貸への引越しも真剣に考えましょう。
すぐに引越しをすることが出来るからとりあえずここでいいや、と考えずに条件を絞って探していくことが大切なのです。

 

非常に残念なことなのですが、賃貸物件を取り扱っている不動産屋の中には悪質な業者も存在しているようです。
評判の悪い物件をオススメしてきたり、手数料を上乗せしたりする不動産屋には注意しましょう。




- お勧めの情報 -

貸事務所におまかせ
URL:http://new-of-search.jp/
貸事務所の案内



新生活は優良賃貸から始めようブログ:170427
一週間くらい前、
俺はリビングでボケーっとしていました。
平穏だけど、退屈なわけでもない…
そんな瞬間を味わっていたというか…

すると…
ふっと古い記憶が
よみがえってくるような感覚を感じました。

俺の心の中に見えたもの…
それは、父の腕に抱かれている、
まだ寝返りもできないぐらいの赤ちゃんの自分でした。

満たされて、何の不満もない俺。
穏やかな優しい目でみつめてくれる父。

あれ〜、これって何だろう〜?
本当に私の記憶なのかなあ〜?って、思いましたが、
人はすべての記憶を脳に刻んでいるっていわれてますよね。

ただ、思い出せなくなる記憶がたくさんあるのだと…
ということは、
これって本当の記憶なのかもしれません。

赤ちゃんの自分を思い出したのと同時に、
あぁ、俺は父のことが
大好きだったんだなぁ…と改めて思いました。

そして、父ももちろん、
俺のことがかわいくてしかたなかったんだなぁ〜
と思えました。

とても、温かい感覚でした。

誰でも赤ちゃんの頃、誰かに抱っこされて、
ただただ愛おしい…という目で
見つめられたことがあったはずですよね。

それが父や母ではなくても、
そこにいるのは「愛されている赤ちゃん」だと思います。

俺たちはみんな、
もともと愛されているんですよね。

でも
「自分は愛されていない」
という誤解をしてしまうことがあります。

誤解は誤解を生んでしまい、
誤解の海の中で身動きが取れなくなる。
俺自身がそんな感じでした。

誤解は人生をややこしく、
難しくするのだということを、
俺は経験から学びました

新生活は優良賃貸から始めよう モバイルはこちら